すぐに取り組めるアトピー対策【食事から栄養GETで症状改善】

先生

食べ物からが安全

サプリ

バランスのいい食事を

イソフラボンは大豆などに多く含まれる成分で女性様ホルモン作用があるとされています。外国で過剰に摂取した場合、男性でも女性化乳房ができたり、乳がんリスクが高まるという報告があるが、これは特例です。特に味噌などに含まれるイソフラボンは特におすすめです。味噌は塩分が高く高血圧になりやすいという認識がありますが、1.2杯であれば逆で腎臓から塩分を排泄する効果もあるため高血圧の方でもおすすめできる一品です。味噌以外にも豆乳や豆腐といった大豆由来製品に多く含まれるため様々な料理のデパートリーが考えられます。食事からとる限りイソフラボンの過剰摂取はほとんど起こらないため安全です。一方サプリメント等はあまりおすすめできません。

使いやすい大豆製品

大豆製品は美容やダイエットという観点からもかなり魅力的です。脳梗塞で血液が止まりにくい薬を用いている一部の方にはお勧めできませんが、その他多くの方にはぜひ摂取してほしい成分です。イソフラボンは女性様ホルモン作用があるため、女性の方では生理痛を和らげる効果も期待されています。一方男性の場合肌荒れや髪の毛の維持なども期待されています。また高齢者になると大豆に含まれる様々な成分が骨や腎臓などに効果があると期待されている成分もあり、おすすめです。注意点はサプリメント等による過剰摂取は危険なため、サプリメントを使う場合は使用量をきちんと守る必要があります。また異常がでるよりかなり低めに上限が設定されるため、サプリメント服用したため食事からのイソフラボンを少なくする必要はありません。